HOME        BACK
 
 
   
       スポーツ膝の緊急処置
 
 
  膝はスポーツを行う上で最も障害(ケガ)が起きやすい部分のひとつです。膝関節は足首の関節な
ど他の関節と違い、屈伸(曲げ伸ばし)しか行うことができません。そのため過剰な運動や急激な
方向転換などにより膝に無理なねじれが発生してしまい靭帯や半月板を損傷してしまうことが多い
のです。一流のスポーツ選手にも膝の靭帯の損傷により選手生命を絶たれたり、スポーツ復帰ま
でに時間がかかったりする場合が多い場所の障害なのです。ここでは膝の緊急処置(RICE)につ
いて紹介します。

@安静にする(Rest)
どのような外傷の場合でも、安静を保ち負傷部位を動かさないことが応急処置の原則です。安静
を保たない場合は、痛みなどの症状ばかりではなく、負傷部位の症状が悪化し、結局は十分なプ
レーができなくなったり復帰が遅れたりすることになります。

A氷で冷やす(Icing)
負傷部位を冷やすことにより、内出血を抑え、脹れを最小限に防ぐことができます。内出血を抑え
脹れを防ぐことにより、自然回復を早めることができます。負傷直後に冷やすことが大切で、時間
がたてばたつほど効果は減少します。冷やすには氷を最大限に利用し、その部位によって方法を
工夫することが大切です。冷やす時間は15分から30分ぐらいです。

B圧迫する(Compression)
負傷部位の内出血、脹れを防ぐために包帯などで圧迫することも有効です。ただし、圧迫しすぎる
と血行が悪くなり循環障害を起こすことがあるため、実施にあたっては、十分な注意が必要です。

C高く上げる(Elevation)
負傷部位の脹れを未然に防いだり、脹れを早くひかせたりするために、負傷部位を心臓より高く上
げることも応急処置には必要です。

   以上の四つの頭文字をとって(RICE)といいます。

   
 
スポーツ膝の緊急処置  
高齢者の膝について
 
坐骨神経痛  
骨端症
 
   
                                    
                          
 〒739-1731 広島市安佐北区落合2丁目43−6
                                       TEL:082-841-3606 FAX:082-841-3607
COPYRIGHT(C) ACT INC ALL RIGHTS RESERVED