HOME        BACK
 
 
     
       高齢者の膝について  
 
 

体の中で膝は最も障害が起こりやすい部分のひとつです。膝は体重の負担が一番かかりやすい
部位で、膝関節にある半月板や軟骨の損傷が起こりやすいのです。

多くの高齢者(特に女性)は年齢を重ねるに従い体重を支える膝に障害が起こりやすく、水が溜ま
る、膝が腫れる、熱を持つ、歩き始めに痛むなど典型的な変形性膝関節症と呼ばれる病気の症
状が出現してしまいます。足をそろえて立った時に両膝がそろわない、鏡などで見るとあしが著し
くO型に変形してたり、逆にX型に変形している場合は膝の軟骨などが擦り減っており変形性膝関
節症といわれる病気です。この変形性膝関節症には著しい膝の痛みが伴います。この変形性膝
関節症に対しては体重を支えている膝に負担をかけないようにすることが一番の治療法です。減
量を行ったり、サポーターなどをつけて膝の痛み、体重の負担を緩和させること。膝の筋力が弱く
ならないように膝の筋肉を鍛えること。この二つの方法をとることが最適です。

 

       アクトおすすめサポーター
 
 

●医療用サポーターではアクティブクリエイターSK2が最も使用されています。
●ドラッグストア等でお買い求め頂けるサポーターではDr.ニーライフが最適です。

   
 
スポーツ膝の緊急処置  
高齢者の膝について
 
坐骨神経痛  
骨端症
 
   
                                    
                          
 〒739-1731 広島市安佐北区落合2丁目43−6
                                       TEL:082-841-3606 FAX:082-841-3607
COPYRIGHT(C) ACT INC ALL RIGHTS RESERVED